スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

殺人罪の時効廃止 改正法成立、即日施行(産経新聞)

 殺人罪などの公訴時効の廃止、延長を柱とする改正刑事訴訟法、改正刑法が27日、衆院本会議で採決されて可決、成立した。公布には通常、約1週間かかるが、持ち回り閣議や官報の特別号外発行で対応、即日施行された。千葉景子法相が法制審議会に諮問したのは昨年10月。被害者や遺族らへの配慮もあり、異例のスピード施行となった。明治以来続いてきた時効の一部が撤廃されることで、刑事政策や司法のあり方が大きく変わる。

 改正法は、施行時点で時効未成立の事件にも適用されるため、東京都八王子市のスーパーで平成7年に起きた女子高生ら3人射殺事件も対象となる。また、28日午前0時に時効が迫っていた岡山県倉敷市の夫婦殺害事件にも適用される。

 今回の法改正では、人を死なせた罪のうち、殺人のような最高刑が死刑の罪は時効が廃止され、その他の有期刑の罪はおおむね期間が2倍に延長される。過去の事件でも時効成立前であれば適用される。

 時効が廃止、延長される背景には、凶悪犯罪に対して、厳罰を求める世論の高まりのほか、捜査の技術が進んだことで、古い遺留物など物的証拠の分析精度が高まったことがある。ただ、証言や供述が時間とともにあいまいになるのは避けられず、冤罪(えんざい)を生む可能性も指摘されている。

 時効制度は、犯罪行為が終わってから一定期間が経過すると起訴を認めないとする制度。時間が経過することで、証拠が散逸して公正な裁判が困難になることや、被害者・遺族の処罰感情の希薄化などが根拠とされてきた。これまで、17年の改正刑事訴訟法で、期間は大幅に延長され、殺人など「死刑に当たる罪」は15年から25年となっていた。

「実現できるのか」米大統領発言、首相が否定(読売新聞)
「会見オープン化を」全国地検に通知 最高検(産経新聞)
<府中市長選>伊藤氏が3選 広島(毎日新聞)
国病機構の病院事業「規模縮減」―事業仕分け第2弾(医療介護CBニュース)
<中大教授殺害>検察側、心神耗弱争わず 整理手続きで方針(毎日新聞)
スポンサーサイト

北朝鮮にピアノ輸出容疑、広島の会社を捜索(読売新聞)

 全面禁輸となっている北朝鮮にピアノを輸出したとして、広島、兵庫両県警は20日、広島市安佐北区のオートバイ販売会社や同社の男性社長(58)の自宅など、関係先6か所を外為法違反(無承認輸出)容疑で家宅捜索した。

 両県警は押収した帳簿類などの分析を進めるとともに、社長から輸出した経緯や取引相手などについて任意で事情を聞いている。

 捜査関係者によると、同社は昨年夏頃、経済産業相の承認を得ずに、神戸港から中国・大連経由でピアノ三十数台を北朝鮮に輸出した疑いが持たれている。

「3年でデフレ脱却」=自民公約骨子(時事通信)
アパート放火か、女性2人死傷=容疑で捜査-警視庁(時事通信)
規制緩和で「成長産業化」狙う-民主党・医療機器作業チーム(医療介護CBニュース)
キセル乗車 相鉄が車掌解雇 定期券の入出場記録不正操作(毎日新聞)
歩道橋事故、元副署長を強制起訴=検察官役、制度導入後初-業過致死傷罪・神戸(時事通信)

村本さん無言の帰国…警視庁、銃弾の傷確認(読売新聞)

 タイ・バンコクでデモ隊と治安部隊との衝突を取材中、銃撃を受け死亡したロイター通信の村本博之さん(43)の遺体が13日午後、バンコク発のJALウェイズ機で成田空港に到着した。

 ひつぎを納めたコンテナは白い布で覆われ、日本航空グループの職員が黙とう。帰国にあたっては、村本さんの妻、恵美子さんが「彼を失った悲しみは余りにも大きく、うまく言葉にすることは出来ませんが、2人の娘の母として、しっかりと気持ちを引き締めなければならないと思っております」とのコメントを出した。

 コメントは、同僚のオリビエ・ファーブルさん(42)が空港内で、村本さんのテレビカメラを肩から下げながら、報道陣に読み上げた。15年近く同僚だったファーブルさんは「(村本さんの)顔はやすらかに眠っているようだった」と声を震わせた。

 遺体はその後、警察車両で、村本さんの東京都練馬区内の自宅を管轄とする警視庁石神井署に運ばれ、検視が行われた。同庁幹部によると、左胸から右肩に貫通したとされる銃弾の傷などの状況を確認した。14日には司法解剖が行われる。 

たちあがれ日本 略称は「日本」(毎日新聞)
<仙谷担当相>中期フレームに消費税上げ方針(毎日新聞)
無人貨物船に試料回収機能=15年度実現へ、開発室設置-宇宙機構(時事通信)
「銀閣寺」修復が完了=内部に黒漆、創建時を復元-京都(時事通信)
懐かしの学舎の模型見つかる 朝来市の廃校から(産経新聞)

井上ひさしさん 9日に死去、75歳…小説家・劇作家(毎日新聞)

 笑いの衣をまとわせて人間や社会のあり方を真摯(しんし)に問いかける作品を送り出して「現代の戯作者」と呼ばれ、一貫して反戦を訴えた小説家・劇作家の井上ひさし(いのうえ・ひさし、本名・廈=ひさし)さんが9日、死去した。75歳。

【写真で見る】追悼 井上ひさしさん

 山形県生まれ。上智大在学中は東京・浅草のストリップ劇場「フランス座」でアルバイト。卒業後、放送作家になり、山元護久さんと共作したNHK人形劇「ひょっこりひょうたん島」(64~69年放送)が好評を博した。

 戯曲「日本人のへそ」(69年)から活躍の場を舞台へ広げ、喜劇、評伝劇、昭和史ものなどを手掛けた。72年、「道元の冒険」で岸田国士戯曲賞を受賞。84年には劇団「こまつ座」を旗揚げした。「表裏源内蛙合戦」「薮原検校」「頭痛肩こり樋口一葉」「父と暮せば」など、数多くの作品で観客を魅了した。

 小説でも才能を発揮し、72年に「手鎖心中」で直木賞を受賞。東北を舞台に国家とは何かを問いかけた「吉里吉里人」(81年)はベストセラーになり、日本SF大賞などを受賞。「腹鼓記」「不忠臣蔵」(両書で86年に吉川英治文学賞)、「東京セブンローズ」などを次々と発表した。

 04年、大江健三郎さんらと「九条の会」を結成し、改憲反対運動に取り組んだ。菊池寛賞、毎日芸術賞など、受賞多数。04年、文化功労者。09年、日本芸術院会員。83年から直木賞選考委員を務めた。09年に上演された戯曲「組曲虐殺」が最後の発表作品となった。

 09年10月末に肺がんと診断され、抗がん剤などによる治療を受けていた。

<井上ひさしさん死去>魂伝えた「遅筆堂」 平和へ行動(毎日新聞)
普天間 「26年移設、遅れも」 平野長官が見通し(産経新聞)
遊歩道のチューリップ、500本折られる(読売新聞)
京都府知事選、現職・山田啓二氏が3選確実(読売新聞)
明石歩道橋事故 元副署長を聴取 指定弁護士 録画・録音の方針(産経新聞)

発砲 福岡でオフィスビルに銃弾5発、ガラス扉に穴(毎日新聞)

 6日午後10時50分ごろ、福岡市東区東浜1のビル2階の会社の男性警備員から「数発の発砲音がした」と110番があった。

 福岡・東署によると、ビル2階の玄関入り口にあるガラス扉に穴が開いており、1階から2階に上がるビル外側の階段に薬きょうが複数落ちていた。けが人はなかった。福岡県警は銃撃事件として捜査している。

 発砲音の直後、黒っぽいウインドブレーカーに白のフルフェースのヘルメットを着用した人物が黒っぽいバイクに乗って走り去るのが目撃されており、県警はこの人物が関与した可能性が高いとみて行方を追っている。

 現場は福岡都市高速1号線東浜ランプに近いマンションや商業施設などの混在地。

小・中学生が利用する携帯電話キャリアに男女間で違い――バンダイナムコゲームスとネットマイルが調査
尼崎で火事 5人搬送(産経新聞)
<子ども手当>母国に子どもがいる外国人への支給要件厳格化(毎日新聞)
スペースシャトル 打ち上げ成功 山崎さんら7人乗せ(毎日新聞)
オープン当日辞表の盆栽美術館長、辞意撤回(読売新聞)

夫に火を付けられ入院中の妻、死亡 茨城・美浦(産経新聞)

 茨城県美浦村で1月、就寝中の妻に夫が火を付けて殺害しようとしたとした事件で、茨城県警稲敷署は1日、入院中だった妻の会社員、吉田早苗さん(39)が広範囲のやけどによる多臓器不全で死亡したと発表した。この事件では、現住建造物等放火と殺人未遂罪で、夫の会社員、吉田進被告(44)=美浦村木原=が起訴されている。

 これまでの同署の調べによると、吉田被告は1月8日午前5時40分ごろ、自宅1階居間で就寝中だった早苗さんに灯油をまいて火をつけ、殺害しようとしたとされる。木造2階建ての自宅は全焼し吉田被告もやけどを負い入院したが、退院後の2月2日に逮捕、22日に起訴されている。

 早苗さんは自力で外に逃げたが、事件後は意識不明のまま入院中だった。同事件は裁判員裁判対象事件で、今月21日に第1回公判前整理手続きが行われる予定。

【関連記事】
寝ている妻に火…会社員逮捕 茨城
1歳、4歳と無理心中? 母親、殺人未遂と自宅に放火容疑で逮捕
夫に灯油かけ火だるまに、28歳下の妻逮捕 東京
「心中しようと…」 放火容疑で妻を送検
妻が浮気の夫と無理心中? 東京・板橋でマンション火災

自転車欠陥で大けが 損害賠償求め輸入元提訴(産経新聞)
「あだ討ち」正当化、謝罪なく=小泉被告-元次官ら殺傷(時事通信)
スーツケース遺体事件で男出頭=50~60代、関与ほのめかす-石川県警(時事通信)
西川体制、企業統治に問題=「拙速」を指摘-郵政調査委(時事通信)
<与謝野氏>新党結成、月内にも 平沼氏との連携視野(毎日新聞)

失業率、横ばいの4.9%=求人倍率は2カ月連続改善-2月(時事通信)

 総務省が30日発表した労働力調査によると、2月の完全失業率(季節調整値)は前月と同じ4.9%だった。一方、厚生労働省が発表した2月の有効求人倍率(同)は、前月比0.01ポイント上昇の0.47倍と2カ月連続で改善した。
 完全失業者数は前年同月比25万人増の324万人、就業者数は80万人減の6158万人だった。
 有効求人倍率はハローワークの求職者1人に何件の求人があるかを示す。このうち、正社員の求人倍率は前月と同じ0.29倍で、依然として低水準にある。 

【関連ニュース】
自殺者、6カ月連続減少=東海、北陸、関西は増加目立つ
半数以上「地方移管」を=国出先の仕分け結果
地方分権改革、早急実現を=最終会合で政府にクギ
景気「着実に持ち直し」=8カ月ぶり上方修正
新卒者支援策を周知へ=無料職業訓練など

立川支部検事を懲戒処分=事件被害女性と交遊-東京地検(時事通信)
拉致支援法改正案を可決=31日成立へ-参院委(時事通信)
パトカー追跡中、3台衝突事故=巡査部長ら2人死亡-新潟(時事通信)
電車内で「目があった」と児童数回殴る 47歳の男逮捕(産経新聞)
元団体役員に懲役7年=長女殺害で裁判員判決-奈良(時事通信)
プロフィール

Author:たごのぶかず
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。